神奈川県立旭高等学校オフィシャルサイト 制服

制 服

新制服のコンセプトと特長

平成21(2009)年度入学の37期生より、制服を一新しました。

「伝統ある進学校で、運動部が活発」という旭高校のイメージは大きく変えず、「デザイン・色」、「着こなし」、「品質・機能」の3点でより魅力的な制服になりました。

デザイン・色

冬服(正制服)は男女とも、知的で上品な印象の上下濃紺のスーツ型。上着は三つボタン、体に沿った美しいシルエットと、斜めのポケットが特徴です。

ネクタイは従来の緑色を一新、鮮やかなブルーとそのブルーを引き立たせるグレーを組み合わせた、強いラインのレジメンタルです。校章の赤とマッチする赤のラインが入ったことでかわいらしさも加わりました。

従来は男子ネクタイのみでしたが、同柄でリボンも作りました。ネクタイ・リボンを鮮やかに印象付けるため、Yシャツは白(指定無し)です。

男子スラックスはワンタックですっきりした印象です。女子スカートは、他校に見られないダブルプリーツで、よりおしゃれな制服に仕上がりました。

夏服のスラックス・スカートにチェック柄を取り入れたことが今回の最大の変更点です。「6月、ネクタイと同系色の、爽やかなブルーのチェックのボトムと白ポロシャツに衣替え」というスタイルは、県立高校としては斬新な試みです。

着こなし

5月、10月などは「紺ブレザーにチェックのボトム」という組み合わせも可能です。

また、女子は冬服として濃紺のスラックス、夏季略装ではグレーのハーフパンツも選択、着用することができます。

さらに、女子はネクタイ・リボンのどちらをつけてもOKなため、両方を購入し、着こなしを楽しむ生徒が多いようです。

品質・機能

「オンワード」にメーカー指定することで、高品質・低価格が実現しました。冬服(正制服)はWOOL70%のため、家庭で洗うことはできませんが、柔らかな風合い・ストレッチで着心地抜群です。撥水機能も付いているので、雨や汚れもすぐ拭き取れば大丈夫です。ウエスト調節が楽なアジャスターなどの機能も付いています。夏季略装はもちろん家庭での丸洗いができます。

配布資料

  1. 配布資料A(PDF):平成20年度配布のパンフレットです。
  2. 配布資料B(PDF):美術部と演劇部の生徒が新制服の着こなしのバリエーションを「旭STYLES」として制作したものです。